2013年03月03日

アーティスト・サロン(月1回の定例会)がスタートしました。

こんばんは、iPhoneケース展プロデューサーの弓月ひろみです。
昨日3/2(土)「第1回 iPhoneケース展・アーティストサロン」が横浜にて開催されました。

「iPhoneケース展」に参加する作家の皆さんと、運営団体である事務局を繫ぐ交流会かつ、
作家同士の情報・技術の交換を出来る場が「アーティスト・サロン」です。

 

photo.png

 

スクリーンショット 2013-03-03 22.56.50.png

iPhoneケース展は2010年にスタートして、今年で3年目。

第8回までのiPhoneケース展で動員数は23.5万人になりました。


発表の場が少ない、または発表したとしても、数多くの人に見て貰う事が難しい状況である日本のアーティスト・クリエイターの為の展示会として活動するiPhoneケース展。私たちは「現場やリアルの繋がりと交流を大切にする」「展示会から新しいチャンスや、出会いを見つけてもらう」という、1つの大きなテーマを持っています。


その為、作家の皆さんには「作品展示」をしていただくだけでなく、会場に足を運んでくださいとお願いしたり、搬入後の交流パーティなどを催してきました。しかし、なにぶん事務局が現場では恐ろしく忙しく(これは、管理者である私の責任ですが…)作家の皆さんと交流している時間が殆ど持てない、という悩みがありました。


継続的に展示会を開催していく中で、常に「その場限り」の対応となってしまっている状況を打破しなくてはいけない。彼らがどういう気持ちで、この展示会に参加し、どうなることを望んでいるのか。それを拾い上げて、展示会に反映させていく必要があると考えました。そして、事務局で長い時間をかけてミーティングを重ね、誕生したのが、このアーティストサロンです。


初回の参加人数は15名。遠くは青森、栃木から駆けつけてくれた作家さんもいました。当日は「iPhoneケース展はどんなイベントなのか」「どういう夢を持っているのか」「どうやってはじまった企画なのか」を事務局の3名からプレゼンテーション形式でお話しました。


63214_530324590344938_1335598861_n.png

 そして、過去の展示全てに参加している吉岡斉範さんにも、自分の普段の活動について、自身が得たチャンスの話などをプレゼンテーションして頂きました。

574933_530332583677472_2033432971_n.png

 作品を触って確かめたり、質疑応答の時間も…。

531037_530334163677314_511765455_n.png

皆で、アートや技術のことについて語り合った後は「第2部懇親会」として、お酒を飲みながらの楽しい席を設けました。

スクリーンショット 2013-03-03 22.57.03.png

スクリーンショット 2013-03-03 22.57.18.png


 今回、事務局では、過去に参加してくださった作家の皆さん全員にメールを送り、時間の調整を行いました。「参加できない」という方でも、ほとんどの方がレスポンスを返してくれました。そして、これからも、私たちの展示会に引き続き期待を寄せてくれているという解答を多数いただき、事務局一同、大変感動しました。
まだ生まれたてのヒヨコの状態ではありますが、iPhoneケース展・アーティスト・サロンは、これから月1回のペースで定期的に継続していきます。

当イベントへの参加・出展に興味のある方は

iPhoneケース展事務局 info@iphone-caseten.comまでお問い合わせください。


今後ともiPhoneケース展をよろしくお願いいたします。

 

iPhoneケース展プロデューサー 弓月ひろみ

posted by iPhoneケース展 at 23:00| 新着ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。